インターネット上のマナーについて

大衆とインターネット。拡散される悪口と誹謗中傷。

大衆は他人の悪口やスキャンダルを好む、という考察があります。それは古代より議論されてきたテーマでもあります。ヒトは、ストレスや疲れを感じると、他人の不幸について喜んでしまうケースがあります。それは本能的な働きと指摘する声もあります。どうしても他人の不幸は甘く感じてしまうケースが多々あると言われています。世間ではゴシップ情報やスキャンダルの情報が好まれる事があります。大衆はスキャンダルを欲し、またそれを、喜んで積極的に提供する人々も存在ます。ルサンチマンの存在によって、大衆は他人の不幸を好むとの分析もあります。最近ではインターネットが良い拡散の場所になりつつあると考えられています。

「美しい話や、ボランティアに関する情報はほとんど拡散されず、他人のスキャンダルやゴシップに関する話題は、普通の話題の十倍のスピートがヒトからヒトへと拡散する」との意見があります。それは誇張が加わっている可能性もありますが、とても現実的な側面を持っています。どうしてもネット空間内では、ゴシップ系のコメントや文章の方が拡散される傾向があります。他人の悪口や失敗談、ちょっとした失言などは、あっという間に拡散され、日本中に広がるケースがあります。大衆もまた、拡散の作業に参加し、悪趣味なスキャンダルやゴシップを求めるパターンがあります。名誉を傷つける、誹謗中傷を繰り返す事で、憂さ晴らしをするユーザーたちも存在します。