インターネット上のマナーについて

インターネット上の荒らし行為。悪質な誹謗中傷の書き込み。

インターネットを利用する初心者の増加が今、懸念されています。ネット利用者が増える事は、文化全体の発展に繋がるため、歓迎すべき点があります。人口の増加によって、サービスやツールが発達する利点が存在します。しかしながら、いわゆるコンピュータリテラシー等を欠いたまま、ネットを利用する層が増加すると、それに関するトラブルも同時に増加する傾向があると分析されています。近年ではネットに関わるトラブル件数が増えつつあると言われています。ネットに関するトラブルのなかには、悪意のあるユーザーによって騙されたケースもありますが、その一方で利用者の不勉強によって引き起こされた、オウンゴールのようなトラブルも多いと見られています。

ネットマナーについて不勉強な若者や女性たちも数多い可能性がある、との意見があります。不真面目な書き込みや質問なども数多く書き込まれています。「ネット空間は自由。よってどんな悪口でも書き込んでOKだ」等といった認識を持つ利用者も少なくないと見られています。何の躊躇なく誹謗中傷の意見を繰り返するネットユーザーたちがいます。ストレス発散の目的で、掲示板やSNSなどに攻撃をする「荒らし行為」なども存在します。特に個人や特定の製品やサービス等に対する攻撃などもあり、近年ではそういった荒らし行為やストーカー行為などが、悪質化し、執拗なものになりつつあると考えられています。悪質なケースは専門家に相談したほうが良いかもしれません。

比べてお得!