インターネット上のマナーについて

インターネット上のデマについて。誹謗中傷に対するアプローチ。

ヒトは他人とのコミュニケーションを楽しむ事があります。物質的な満足度が高まった今日、人々は他人との意思疎通を求めているとの意見があります。近年ではSNSやブログ、掲示板などのツールが注目されています。話題のツールとして、インターネット上のSNSなどが盛んに取り上げられています。話題のブログサービスやSNSのアカウントを取得する事は、とてもスタイリッシュな行動の一つです。若者たちは、積極的にネットのコミュニティに参加しています。参加したコミュニティで、自分の興味のある趣味や文化について、コメントを残すインターネットユーザーの姿もあります。自分の書き込みが即座に反映されるSNSやブログのサービスも多々あります。

インターネット文化とそのツールを楽しむ健康的な若者たちがいる一方で、ネットの機器とサービスを悪用するユーザーがいます。彼らはいたずら目的に、ネットのツールを悪用する事があります。他人の名誉を傷つけるという目的のため、掲示板を荒らしたり、デマを書き込んだり、マナーに反した行動をとるケースがあります。今では他人に対して、誹謗中傷する事で、自分の怨念や恨みを発散させようとする、とても悪質なユーザーが少なくないと考えられています。悪意のある書き込みには、厳正な対処が肝心との指摘があります。執拗な書き込みやデマに対しては専門家による法的なアプローチや警告などを行うべきである、との指摘もあります。