インターネット上のマナーについて

インターネットの難点について。集団による誹謗中傷の書き込み。

近年の日本社会は、高度情報化時代とも呼ばれる事があります。高度情報化時代では、文字通り情報が大きな価値を持つケースがあります。情報の有無によって、ビジネスの勝負が決まってしまうパターンもあります。ビジネスの実力ではなく、単純に情報量の有無によって、勝敗が決まってしまう側面もあると言われています。それだけ情報の価値が高まってきていると考えられています。情報は色々な場所に用意されています。昨今ではインターネット検索で、情報を得るビジネスパーソンやクリエーターや社会人がいます。ネット情報の信頼度も増し、その情報に対して全面的な信頼を置く人々が世間には存在します。情報をそのまま鵜呑みにしてしまう人々も少なくないと考えられています。

ネットの情報源はとても便利なものですが、注意も必要です。スピードを重視した書き込みや情報配信が行われる側面が色濃く、個人のブログやSNSのコメントのなかには、誤解や誤った情報なども数多いパターンがあります。また近頃では、ネット上のなりすまし行為なども懸念されており、その被害も多いと考えられています。特定の個人やサービスを狙った誹謗中傷の行為などもあり、悪意のあるユーザーが、集団となって、言葉による攻撃を繰り返す事があります。そういった荒らし行為を放置していると、コミュニティの治安が低下する事があります。管理人は厳正に対処すべきという意見があり、法的な対処も必要である、との声があります。

比べてお得!